大洲城の天守の復元とその特徴

この記事は2分で読めます

大洲城の天守の復元とその特徴

愛媛県にある大洲城(おおずじょう)は、鎌倉時代末期、肱川のほとりにある伊予国の守護、宇都宮豊房(うつのみや とよふさ)の築いた地蔵ヶ岳城がその始まりといわれている。その後、早川隆景が伊予を平定した後、戸田勝隆、藤堂高虎、脇坂安治が相次いで城主となり、藤堂高虎を中心に大規模に修築がなされ本格的な近世城郭に整備されたものであるといわれている。

本格的な近世城郭に整備がはじまると、4層4階の天守を築きあげ、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町も次第に反映していったのである。しかし明治維新を迎え、明治21年(1888年)に天守は取り壊されたものの国の重要文化財に指定されている4棟の櫓は解体を免れ、今日では城跡も県史跡に指定されている。

大洲城

現在見られる4層4階の天守は、明治期の古い写真や資料などの保存状態がよかったことや大洲市民の熱心な活動により平成16年(2004年)に木造で再現されたものである。この復元にあっては「天守ひな形」とよばれる江戸期の木組み模型などの資料が大いに役立てられたといわれている。

これらの資料が残っているお城は稀であり天守が姿を消してから約100年の年月を経て大洲城は蘇ったのである。戦後復元された木造天守としての4層4階の天守は日本初であり、その高さは19.15メートルと日本一の高さを誇るものである。

この建築基準法は本来であればなかなか建設計画が認めてもらえない構造であったものの、地元の人たちの熱心な取り組みにより保存建築物として建築基準法の適用除外となり見事な復元を果たしたのである。

大洲城の見どころ

大洲城の見どころ
再現に際しては全て材木は国産のものを使用し城郭建築特有の迫力ある木組みがとても印象的であり、非常に文化的価値が高いものとしても注目を集めている。内部を見学すると他のお城と比べてどこか真新しい印象であるが、そのこぢんまりとした構造規模もそのよさを醸し出している印象である。

大洲城の天守はその規模を考えれば通常は3層の天守が一般的であるが、大洲城は4層の天守と極めて珍しい構造となっている。千鳥破風や唐破風の数も多く5層の天守と似た外観であり、内部の構造は天守1階と2階の階段周りの吹き抜け空間となっており、このような構造も非常に珍しいものである。

現在ではこの吹き抜けの空間を利用して大洲城の資料などが展示されており、古い絵や資料などが展示されている。天守閣からは近くを流れる肱川を望むことができ、まさに自然が造り上げた天然の要塞を巧みに利用している構造であることを伺い知ることができる。

大洲城の地図


大洲城の施設情報
営業時間 :9:00~17:00(札止め16:30) 休業日:なし 料金:大人500円、中学生以下200円 近くの人気スポットや宿:「じゃらん」大洲城特集ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 今治城と藤堂高虎
  2. 天守の現存する山城として随一の高さを誇る「松山城とその石垣」
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。