今治城と藤堂高虎

この記事は2分で読めます

今治城と藤堂高虎

愛媛県にある今治城(いまばりじょう)は、当世第一の築城の名手と言われた藤堂高虎により築城された名城といわれており、お城のファンにとっては非常に人気の高い城といわれている。

今治城の歴史

今治城の歴史
藤堂高虎はここ今治のエリアの拠点としていたのは、当時唐子山山頂の国府城とよばれる場所であった。この国府城は、能島水軍の村上武吉が居城としていたがその後次々の城主が変わっていき、慶長5年(1600年)にここの城主となったのである。

当時豊臣秀吉は藤堂高虎を姉川の合戦に初陣した際にその才能を高く評価しており、関ヶ原の戦いにおいても非常に高い功績を収めたことでますます注目されるようになっていった。その結果、当時の譜大大名中に於いてもっとも優れた築城の名手であり権威もあった藤堂高虎は、内海にありながらも海陸の要に近い今治を選定したのである。

そして藤堂高虎は、戦には難しい山城であった国府城を離れ海陸の交通の要であり戦にも有利であり軍事的にも重要な拠点であると考えた今治へと拠点を移したのである。山城は有効的な戦略を収めるのには不利であるのに対してここ今治は経済的発展にも便利であり平城であるがために、城下町としても整備がしやすいと考えたのである。

今治城

そして慶長7年(1602年)に藤堂高虎は非常に複雑な構想を練り、その築城を開始し慶長9年(1604年)についに完成したのである。城は海に近い地形を巧みに活かし、海水を引き入れた非常に複雑かつ特異的な構造はまさに藤堂高虎の才能そのものであった。

当時は海から直接今治城の堀の中へアクセスできるように仕上げており、日本三大水城の一つに数えられている。本丸には高い石垣の上に五層高楼の天守があり、その見た目の美しさも一際印象的である。

その藤堂高虎の功績をたたえるがごとく、今治城の駐車場のあたりは馬に乗った藤堂高虎の像が一際印象的である。角度によっては今治城とこの藤堂高虎を一緒に眺めることができ、往時にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるほど圧巻である。

瀬戸内海の美しい景色が天守閣から望める

瀬戸内海の美しい景色が天守閣から望める
今治城の天守閣に登ると瀬戸内海の美しい光景、そして港町として栄えているたくさんの工業施設、そこの住む人達、行き交う船を見ることができる。

晴れた日にはこの今治のあたりを囲む山々の美しい曲線美さえみることができ、山があり海があり、そして平地でもあるこの絶好のロケーションを選定した藤堂高虎の気持ちが自ずと分かるような光景である。

今治城内にはたくさんの水に関する神社もあるので、合わせて観光するのもおすすめである。

今治城の地図


今治城の施設情報
営業時間 :9:00~17:00(閉館) 休業日:定休日なし(年末の3日間は休み)その他展示替などの運営上必要な日 料金:500円 学生:250円 団体割引(20人以上で2割引) 近くの人気スポットや宿:「じゃらん」今治城特集ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大洲城の天守の復元とその特徴
  2. 天守の現存する山城として随一の高さを誇る「松山城とその石垣」
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。